• 認知症ケアのプロが作った困りごとお助け隊

    「おれんじしっぷ」は、たとえ認知症になったとしても、
    安心して笑顔で過ごせる居場所を1つでも多くつくることを
    目標にしています。

    「おれんじしっぷ」は、たとえ認知症になったとしても、​安心して笑顔で過ごせる居場所を1つでも多くつくることを​目標にしています。

おれんじしっぷ ぼくらのヘルピニスト宣言

感動ヘルピングをあなたと』

 〜誰もが最幸の人生を謳歌する、笑いと涙溢れる人助けの旅〜

おれんじしっぷとは

私(皆本昌尚)がこれまで培って来た認知症のケアメソッドを活かして、最期まで孤立・孤独に陥ることなく、誰もが自分らしく「最幸」の人生が過ごせる社会の実現を目的に、介護業界の助け舟として貢献するために立ち上げた会社です。

私たちは、「認知症ケアのプロが作った困りごとお助け隊」として、4年前からボランティア活動をスタートさせました。

「おれんじしっぷ」の由来には、助け船になるという意味のほかに、繋ぐという意味も込められています。
詳しく見る

ヘルピングとは

人の内面的成長を促す概念を認知症ケアの実践に応用し、コミュニケーションを主体とした対人援助技法として体系化。脳科学や心理学など様々な分野のエッセンスを取り入れ、介護現場で実践・蓄積しながら、よりわかりやすく改良したメソッドを開発しました。

詳しく見る

ヘルピング
3つのコンテンツ

助けを受けたい

今、困りごとを抱えている方であれば誰でもサービスの対象になります。

助けを受けたい方はこちら

助ける人になりたい

講座やセミナーを通じてヘルピングスキルを学ぶことができます。

助ける人になりたい方はこちら

ヘルピングを教えたい

セミナー開催や勉強会を通じて、ヘルピニストを養成することができます。

ヘルピングを教えたい方はこちら
ヘルピング詳細はこちら

セミナー・コンサルティングなど

事業のご相談を承ります。

ご相談はこちらから